フリーエリア
プロフィール

BK-1

Author:BK-1
趣味日常の事から時事報道等手広く、感じた事思った事を「お決まりのフレーズ」を交えて書かせてもらってます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内藤対亀田のこの1戦、亀田の負けで日本は救われた。
亀田1家は最低な事が満天下にしれわたった。
ひどいのは反則の指示!http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1042087.html

例えばキリスト教、イスラム教などの絶対神を持つ1神教の人なら、そういう文化圏のボクサーであれば「自分は自分に出来得る最善の努力をしました。勝敗は神の意思にまかせます。」
勝てば「神に感謝します。」となるわけです。

さて我々いわゆる絶対神を持たない日本人はというと、勝った場合ちゃんといい言葉があるんですよ。それは、
「おかげさまで、」ということばです。日本人は古来この感覚を持っていたはずです。
謙虚な心、感謝の心。日本人の美点です。

内藤選手にはそれがありました。「おかげさまです!…。」
亀田には絶対ない!もし亀田が勝ってたなら「おれが強いんじゃ」とでも言うんでしょうな。

亀田家の人に対しての無礼な物言い、相手に対する思いやりがありません。
先に述べたように感謝の念もありません。

もし亀田タイプの人間がもてはやされるような事になったら世の子供たちに与える悪影響は計り知れません。
実際1時期亀田人気があった頃「勝てばいいじゃん、強ければそれでいいじゃん。」的な空気が若い子達にありました。
そうです、堀江モンが「儲かればいいじゃん、金で全てが買える…。」みたいな事言ってた頃とダブりますね。

斧で父親を切りつけた事件ありました。その後似たような事件が起き、切りつけた子供は「斧で切りつける事を真似た…。」と自供してるとか。
子供は大人が「まさか…、そんなバカな!」という事でもモロに影響受けることが往々にしてあります。

亀田が負け消えていけばそのリスクは減ります。今回無様に負けたことはそれに繋がるいい兆候です。

思いやり(愛)、謙虚(感謝)を持たざる者が消える。
日本は救われました。


昔話になりますが辰吉丈一郎という亀田と同じ浪速のボクサーがいました。彼もいわゆるビッグマウスでしたが、亀田と決定的に違うのは試合後は相手に敬意を払っていたし、リングを降りれば紳士(きちんと常識を持ってる人)であった事です。

荒っぽい物言いではプロレスラーもそうです。しかしリング上でのパフォーマンス以外(例えばヴァラエティーなど出演した時)紳士です。
常識を知っています。年上の司会者にタメ口をキク事はありません。

無礼なのは亀田だけです。
ふざけやがって、笑わせやがら!

ボクシングを続けるならあの親父から先ず離れ、他のジムに移り1から
やり直してください。

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。