フリーエリア
プロフィール

BK-1

Author:BK-1
趣味日常の事から時事報道等手広く、感じた事思った事を「お決まりのフレーズ」を交えて書かせてもらってます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和20年8月1日

http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/bunka/sensai/sensai2.html

昭和20年の今日を絶対に忘れてはいけない!!!

「長岡は山本五十六の出身地だから空襲をうけた」  はあ?
などとわけのわからんことを平気でいう人がいますが
単にアメリカは日本の都市を人口の多い順に攻撃しただけです。
それにしても民間人を無差別に攻撃するとは…。
米国のカーチス・ルメイ少尉(鬼畜ルメイ)の司令により長岡の多くの人々が
軍人ではない民間人が無差別虐殺されました。

国家間の戦争は外交の延長線上にある一手段ですからその戦闘は軍同士であってしかるべき
なのですがアメリカは民間人の虐殺をもくろんで攻撃してきたのです。
このことはアメリカが本土で日本式の民間家屋をつくり(ちゃぶ台やたんすまで設置)焼夷弾で
破壊する実験をしたことからもわかります。

標的は日本軍ではなく日本人だったのです。
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/kusyu-kusyu.htm

自分の母の実家は完全に焼かれ破壊されました。当時8歳の母も1週間家族と離れ離れに。
今でもあの日の事がトラウマになり花火が焼夷弾にみえてしまいます。
楽しく花火を見る事は彼女は一生無いと思います。

多くの焼死体、犠牲になった方々の無念は如何ほどか!
ご冥福をお祈りいたします。

戦争に勝ったアメリカは民間人をこれだけ虐殺しても裁かれることはありません。
 …理由は勝ったからです。






コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。