フリーエリア
プロフィール

BK-1

Author:BK-1
趣味日常の事から時事報道等手広く、感じた事思った事を「お決まりのフレーズ」を交えて書かせてもらってます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小沢がおしすすめてる『外国人参政権付与』は違憲である!!!!
小沢ぁ!法律違反すすめてんじゃねーぞ!



憲法15条1項に公務員の選定、罷免は国民の固有権利と明記してある。
これは「参政権があるのは日本国民だけ!」って言ってるわけだ。
憲法93条2項の住民も国民と考えるのが妥当(最高裁の判決もでている)

外国人に参政権を与えることは現憲法下では出来ません!!!
ざまあみろ!

しかしだな、どーしても小沢が日本を破壊し、外国人に参政権を与えたいのであれば
『憲法改正』するしかないだろ!
憲法改正の手続きは憲法96条にあるからキッチリ手続き踏めや!

まぁ理論上できるけど現実には憲法改正むりだろ!
こんな日本を破壊しかねない法改正に力いれるより他にやることあるだろうが!

景気冷え込みボーナスすっげー少ないぞ!
(けっこうリアルに怒る私ですww)


以下日本国憲法15条、93条、96条を貼っておきます。


第15条
 1  公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。    
 2  すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
 3  公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
 4  すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。
    選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

第93条 
 1  地方公共団体には、法律の定めるところにより、その議事機関として議会を設置する。
 2  地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、
    その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。



第96条
1. この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
2. 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。