フリーエリア
プロフィール

BK-1

Author:BK-1
趣味日常の事から時事報道等手広く、感じた事思った事を「お決まりのフレーズ」を交えて書かせてもらってます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂の上の雲の第2部が放送されますた。見たかなぁ??
ま、この番組は例によって例のごとく反日仕立てだと言う事は
前回の第1部であからさまになった。(このことはまた改めて後日書くかな)


今回、てか今日の放送ではいよいよ日露戦争への道という感じでしたが
根底にあるは植民地になり支配されるか、軍備増強し国力をつけ支配する側かの帝国主義時代。
プラス
これは絶対外せないことだが白人による人種差別!これがあったね。ホワイトどもめ!死ねよ!

1900年に起きた『義和団の乱』で各国は軍隊を清に送り
当然地理的に近い日本軍、ロシア軍が多いわけですが。
日本軍は規律がしっかりしており、国際法を遵守し紳士的な軍隊であった。(これ日本軍の伝統ね)
略奪は日本以外の国、とりわけロシアなんてひでぇもんで。

そんなロシアが乱沈静後も満州に2万の軍を送り込み居座ってる。
これはっきりいって日本の安全保障にヤバイですよ!このまま朝鮮半島にでもこられたら
日本は喉元に短刀をつきつけられたも同然や。

日本は親露政策側(伊藤博文)と親英政策側(小村寿太郎、桂太郎)に分かれたが
結局は小村寿太郎の『小村意見書』が政府方針として採用され
1902(明治35年)日英同盟が締結されるんだが(娘よ!ここ入試に出るぞ!)

ま、英国も極東は遠いし、ロシアの進出食い止めたかったし、
日本と利益が一致したのでってところがあったからな。

大体ロシアは昔から不倶戴天の敵だ!今でも北方領土盗み取ったからな!
条約破って攻めてきた。ポツダム宣言受け入れた後も攻めて来た。
日本が武装解除した後も攻めて来た卑怯極まりない泥棒国家だ!ロシア死ね!

話は少しハズレましたがいよいよドラマの中でも『日露戦争』
東郷平八郎司令長官率いる連合艦隊がバルチック艦隊を全滅させる場面が放送されるかな?
ザマミロ!ロシアめ!wwww ロシア撃沈!wwwwww




おまけです。中学社会科の資料にありました。

小村意見書:日露条約の問題点
①一時的には東洋の平和を維持できるであろうが、ロシアの侵略主義は到底これ満足しないから
長期的な保障とはならない。
②シベリアは、将来は別として、現状では経済的利益は少ない。
③清国人は、上下ともに日本に対して友好な感情を持ってきているが、ロシアと結ぶ清国人の
感情を害して、清国における日本の利益を損ずることになる。
④英国の海軍力に対抗しなければならなくなる。

小村意見書:日英条約の利点
①アジアにおける英国の目的は領土拡張でなく、現状維持と通商利益であり、英国と結べば
ロシアの野心を制して、比較的長く東洋の平和を維持できる。
②したがって、日英条約は平和的、防衛的なものとして、国際世論からも支持される。
③英国と結ぶと清国はますます日本を信頼するようになり、平和の利益を増進する。
④韓国問題を解決するためには、他の強国と結んで、ロシアがやむをえず日本のいうことを
きくようにするほかはない。英国は同盟を結ぶのにもっとも同盟を結ぶのに適当な国である。
⑤英国と結べば、日本の経済に伝の国際的信用を高める。
また、英国人は、同盟国の共通利益ということで、日本に財政上、経済上の便宜をはかるだろう。
⑥大英帝国とシベリアでは、日本にとっての通商上の価値は比較にならない。
⑦ロシアの海軍力は、英国の海軍力よりも対抗するのが容易である。




コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。