フリーエリア
プロフィール

BK-1

Author:BK-1
趣味日常の事から時事報道等手広く、感じた事思った事を「お決まりのフレーズ」を交えて書かせてもらってます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月21日 この日はついに伊勢神宮、内宮(天照大神)参拝となりました。
まずは朝食ですな。昨日の夕食には不満がありましたがW
朝食はいわゆるバイキング。好きなもの食えるからよし!ということで。
私ゃ白米に梅干!これはかかせません!普段の弁当も「日の丸弁当」です。

NEC_0014_20110227210924.jpg



さて本日参拝の内宮とは
正式名称は皇大神宮といい、御祭神は天照大神で皇室の皇祖神、つまり天皇陛下のご先祖であります。
御鎮座は11代垂仁天皇の時代、2000年以上前の話です。
http://a.wikipedia.org/wiki/伊勢神宮
もちろん我家の神棚に鎮座する御札も皇大神宮であります。

いよいよ内宮参拝へ。五十鈴川に掛かる宇治橋(平成21年11月に架け替え)です。
日の出の方向が内宮側なので逆光になります。

NEC_0016.jpg

参道を進みますとの右手のほうに五十鈴川の川べりへ降りる石畳があります。
ここは「御手洗場」と呼ばれ、かつての禊の場でありここで罪や穢れを清めていきます。
NEC_0018.jpg

玉砂利の敷き詰められた参道を進む。
その一歩一歩毎に現世から離れ清められ俗界から離れ神界に近づいていくかのようだ。
そもそも空気が違うのだよ!!


ついに!御正宮へ!
NEC_0023_20110227222450.jpg中央に白い布が下がっており中が見えないようになっております。(外宮も同じ)
その前にてお参りをするのですが。
2拝、2拍手をし天照大神様にお祈りをしました。
自らの名を名乗ったそのとき時、ふわっと風が舞い、なんと、なんとなんと!!
白い布が90度以上舞い上がり、手を合わせている私の前に中をあらわにしてくだされたのです。
偶然の自然現象といえばそれまでです。
しかし
私には天照大神様が畏れ多くも応えていただいたととしか思えないのです。

ここにたどり着く道の間、既に涙目になっていた私は手を合わせながら流れる涙を止める事が
出来ませんでした。風は止み再び布が元の位置に戻ると同時に1拝をして御正宮を後にしました。

ここに書いてしまいますが…
布の向こうは白い石で敷き詰められた道がありその奥にまた門がありました。
皇族の方は進んでいけると思います。もちろん天皇陛下はそれ以上のところまで行かれるでしょう。

戻る途中でお神礼授与所にてお守りを求めました。

参拝を終えて
私は身も心も日本人になったんだ!


また再び訪れたい日本人の聖地であります。

西行法師が内宮を五十鈴川の対岸から拝み詠まれた歌です。
なにごとの おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる

伊勢の町の人々のお宅はしめ縄が飾られています。私たちお正月だけですがこの地では
年間通してです。流石、神の住まいし地であります!
NEC_0033.jpg  NEC_0032.jpg

 

おまけ
ここからは俗世の話W お昼は手こね寿司と伊勢うどんのセット。
寿司はチラシ寿司みたいな、うどんは太い!で、汁は少なくタレという感じ。
NEC_0029.jpg

お約束の御払い通りとおかげ横丁散策。お土産に「赤福」を買ってW
NEC_0038.jpg  NEC_0034_20110227231023.jpg



コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。