フリーエリア
プロフィール

BK-1

Author:BK-1
趣味日常の事から時事報道等手広く、感じた事思った事を「お決まりのフレーズ」を交えて書かせてもらってます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片方の手で支援、片方の手で侵略

ロシアを非難するというより実はこれが「国際社会の現実」と捉えたほうがよい。
今回の震災で陸自は大きくその兵力を被災地に割かれてる。


空自にはがんばって外敵から国を守っていただきたい。
海自においては中国も同様なことをするであろうから守ってもらいたい。

中国にしても、ロシアにしても震災の支援の片方で日本の緊急時における
防衛体制などのデータを取ってるに決まってる。

世界は腹黒いものです!そこは巧みにのうまく立ち回るのが真の外交!
民主党政府にそこが期待できるか??

同盟国(米)ならともかく、中国人民解放軍などの軍を支援とはいえ
受け入れるべきではない。

現実を直視しましょう!


露軍機が領空接近 日本海で日米共同対応偵察か 自衛隊機が緊急発進
2011.3.17 19:22

ロシア空軍の情報収集機が17日、日本海で日本領空に接近したことが分かった。領空侵犯の恐れがあるため、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対処した。
日本海では強襲揚陸艦「エセックス」など米軍艦艇3隻が酒田港(山形県)沖に集結し、そこから第31海兵遠征部隊(沖縄県名護市など)が仙台空港の復旧支援活動に展開している。
ロシア機は日米共同対応を偵察する狙いがあったとみられる。

接近したのはロシア空軍の電子情報収集機「IL(イリューシン)20」。
17日午前10時ごろから北海道西方を南下し、北陸地方沖の日本海まで飛行した後、昼すぎにロシア方面に飛び去ったという。領空侵犯はしていない。

空自戦闘機は東日本大震災への支援活動を終えて通常の警戒態勢を敷いているため、緊急発進に支障はなかった。
ただ、C1輸送機による水や物資の輸送は活発化しており、ロシア機の接近が空自の調整業務全体の障害になった可能性もある。
ロシア軍は昨年12月の「日米共同統合演習」の最中に、能登半島沖の訓練空域に哨戒機2機を進入させ、演習を妨害している。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110317/plc11031719250042-n1.htm

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。