フリーエリア
プロフィール

BK-1

Author:BK-1
趣味日常の事から時事報道等手広く、感じた事思った事を「お決まりのフレーズ」を交えて書かせてもらってます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「僕は原子力に詳しいんです。」と先日のたまったスッから菅ですがWWWW
 実は無知の塊だったんですねぇ。
http://news.livedoor.com/article/detail/5443147/ 
「原子力に詳しい」と吹聴していた菅直人首相(64)が、有識者に「臨界ってなんだ?」と尋ねていたことが分かった。「臨界」は、原子力を少しでもかじったことのある人なら誰もが知る言葉だけに、あきれることを通り越して不安をかき立てられるようなエピソードだ。こんな人に原発対策や震災後の復興を任せていいのか。
まさに“無知全開”ともいえる裏話を報じたのは26日の日経新聞。それによると、菅首相は「役所や東電とは違うセカンドオピニオンがほしい」として呼び寄せた有識者に対し、「臨界ってなんだ」と聞いたという。



臨界ってなんだ?」だってよ!WWWWWWWWWWWWWWWW
コイツほんとに無知すぎる!よくこれで「原子力に詳しい」と言えたもんだWWW
「僕は数学に詳しい。…ところで九九ってなんだ?」このレベルWWW

こんなバカのくせに民間人の東電の社員に「覚悟を決めろ、撤退などありえない」
つまり「被曝してでも何とかしろ!死ね」って事を言ったわけだ。
この脅しで東電社員や協力会社の作業員が危険な現場に向かった。

菅は自衛隊にはヘリによる注水を命じたが「放射線濃度が高い」という理由で
一時撤退させた。(その後安全な方法で空中散水に切り替えた)

自衛隊は国家の為死ぬことができる軍人である。プロである。

自衛隊員だから死んでもいい、被曝してもいいというつもりはないが
民間人の東電社員に命を賭けさせ、本来危険な仕事に従事する自衛隊には
かなり安全に慎重な命令とは話がおかしいだろう。

なぜこんなちぐはぐな命令をしたかというと!

東電は民間人、仮に犠牲者が出ても最終的に企業の労働管理の話に落ち着きます。

一方自衛隊は民間企業にあらず、その最高司令官は総理大臣である。
自衛官は軍人であるからどんなアホな総理のバカな命令でも従うのである。

つまり自衛隊で犠牲者が出たらその責任は総理の菅にくるんですな。

責任逃れしてるだけなんだ!この男は!!!

こんな卑怯で、汚い、最低の男は見たことがないわ!!

私は古い人間なんで
「男たるもの卑怯なマネはするな!」って価値観で生きてきましたので

こういう卑劣なクソ野郎は大ッッッッッ嫌いなわけです!


こんなヤツが日本の総理かと思うと反吐がでますな!ぺっ!!

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。